初詣で運気下がる参拝方法と運気上がる初詣とは?幸運を呼び込む初詣スポットを紹介!

季節の行事
スポンサーリンク

クリスマスに大晦日、そしてお正月。1年もあっという間に過ぎていきますね。

そして、1年の始まりに行くお参り『初詣』。

初詣は、1年の始まりに行くからこそ気合が入りますよね。

でもお参りの方法によっては、運気が下がることがあるのをご存知ですか?

神道の学校にかよっていた私にとって参拝とは、とても慎重なもので、たくさん細かい作法があります。

その作法を間違えると神様に失礼に値し、運気も下がってしまうとよく言われていました。

だから、初詣の参拝にも運気が強く関係しているのです!

そこで神道の学校に通っていた私が、初詣で運気が下がってしまう、“やってはいけない”ことから運気が上がる初詣での参拝方法まで、ご紹介させていただきます。

こちらの記事を参考に、運気を上げていただけると嬉しいです。

 

初詣で運気下がる参拝の方法とは?

初詣 運気下がる

はじめに、運気が下がってしまう参拝の方法をご紹介します。

今までの参拝方法を振り返って、もしやってはいけない参拝方法をしていたという方は、今年の参拝から気をつけてみてくださいね。

 

「手水」をしないでお参りは運気が下がる

参拝の前に、手水をしていますか?

寒い冬の時期だと、手が冷えてかじかんでしまうことを嫌い、手水をせずに参拝に向かう方がいらっしゃいます。

 

手水とは、

神社や寺院で、参拝前に手を清める水。

手水とは

 

参拝とは、神聖な場所で行います。

ですから、はじめに必ず「手水を行い」両手と口を清めてから参拝を行ってください。

また、神聖の場で使用するハンカチは白い無地のものが多いです。

なので、手水を行なった後は「白い無地のハンカチで手を拭く」ことをオススメします。

 

【正しい手水の行い方】

①.ひしゃくを右手に持って水をくみます。
②.くんだ水で、左手を清めます
③.ひしゃくを左手に持ち替えて、右手を清めます。
④.再び、ひしゃくを右手に持ち替えて、水を左手にくみ、口をすすいで清めます。
⑤.もう一度、左手を清め、ひしゃくを立てて、残っている水で絵の部分を洗い清めます。

 
 

お賽銭を投げ入れるのは運気が下がる

初詣 運気下がる

 

実は、お賽銭を投げて参拝することもやってはいけません。

これはついついやってしまいがちですが、お賽銭は、お賽銭箱にそっと入れることが正しい参拝方法です。

また、お賽銭を投げてしまうと初詣での人混みの中だと、人の当たってしまう可能性もあるので、遠くから参拝しようとする方は、なるべく参拝箱の近くまで行き、そっとお賽銭を入れてから参拝してくださいね。

 

お正月だけの神頼みは逆効果

お正月だけの神頼みも、運気を下げてしまいます。
また、ご利益もなくなってきます。

普段から参拝できる方は参拝するといいでしょう。

また、神社によっては、感謝をする神社もあれば、お祈りをする神社もあります。
神様によっても、祈ることが異なるので自分が参拝する神社のことを調べてから、参拝することをオススメします。

 

スポンサーリンク

運気上がる初詣の参拝方法とは?

運気上がる 初詣

次に、運気が上がる初詣での参拝方法もご紹介します。

参拝するにあたって大切なこともご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

服装はきれいめにして行く

服装はきれいめな格好を選びましょう。

近所だからといって、スウェットやジャージでいくと神様に対して失礼に値してしまいます。

普段より、少しだけきれいめな格好を心がけてみてください。

また、靴もサンダルを避け、スニーカーや革靴を選ぶことをオススメします。

どんな格好でいけばいいか悩まれる方は、極力無地のものを選ぶと間違いありませんよ。

 

運気が上がる参拝方法

運気が上がる、参拝方法は幾つかありますがポイントを紹介します。

 

鳥居を通る時は必ず一礼する

神社には、必ず鳥居があります。

鳥居をくぐる時は、必ず鳥居の手前で一礼してから中に入るようにしましょう。

そして、鳥居をくぐった道の真ん中は神様の道と言われています。

なので、真ん中の道を避け、少し端によって歩いてください。

また、帰り道も同様です。

鳥居を目にしたら、必ず一礼してから、橋の道を進み外に出てください。

 

お賽銭は115円

お賽銭は5円や15円を入れる人が多いと思います。

でも、実は運気を上げるには115円入れる方が、願いかかないやすくなると言われています。

115という数字は、風水的に天下を取れる最強な数と言われているので、100円10円5円を一枚ずつ用意することをオススメします。

 

境内では縁起の悪い話はしない

境内という神聖な場所で、ネガティブな話や縁起の悪い話をしてしまうと、初詣での開運行動が台無しになってしまいます。

なので、なるべく会話を控えるか縁起の良い話をしましょう。

 

お守りは神社で処分する

古いお守りを持っていると縁起が悪いと言われています。

去年までのお守りは、必ず持参し、神社の処分するところで処分しましょう。

 

スポンサーリンク

幸運を呼び込む参拝スポットを探す方法

運気上がる 初詣

次に、開運を呼び込む参拝スポットを探す方法をご紹介します。

ぜひ、自分の近くの参拝スポットを調べてみてくださいね。

 

その年の恵方にある神社を探す

恵方神社という言葉をご存知ですか?

まず、恵方という言葉は、節分のときによく耳にすると思います。

 

言葉の通り恵方とは、
その年にチャンスや良いことがある方位の事を意味します。

 

つまり、恵方神社とは2020年のあなたにとって、縁起の良い方位にある神社のことを意味し、その神社を参拝することによって運気が上がると言われています。

 

恵方神社の探し方

恵方の方位は、その年の十干によって変わります。

2020年で説明すると、2020年の十干は「庚(かのえ)」の方位を表しています。

庚(かのえ)の方角は西南西の方位ですので、その方位にある神社を探すと恵方神社が出てきます。

地図やグーグルマップを参考に、あなたの自宅から西側にある神社を探してみてください。

 

自宅から750メートル以上離れていれば、恵方神社といえます。

ただ、一つ恵方について注意することがあります。

十干が変わるのは、節分の時の2月4日です。

なので、庚の方位は2020年2月4日からということです。

その前に、初詣やお参りに行く方は、2019年、甲の方位である、東北東の方位にある神社をお探しくださいね。

 

恵方参拝するときの注意すべきこと

恵方神社が見つかったところで、恵方参拝の注意点をご紹介します。

恵方参拝は基本的に、神社のことを指します。

なので、恵方の神社を参拝してください。

ただ、宗教の関係で神社の参拝が難しいという方は、お寺でも教会でも大丈夫なので、安心してくださいね。

そして、恵方としてふさわしくない場所は、お墓と稲荷神社です。

稲荷神社は「見返りを求める」とされており、ふさわしくないので注意してください。

 

スポンサーリンク

運気が上がるおすすめ初詣スポット!

運気上がる 初詣

 

最後に関東の、運気が上がる初詣のスポットをご紹介します。

【箱根神社】

運気上がる 初詣

開運・金運守護・商売繁盛・縁結びの神社として有名な箱根神社です。

毎月13日には、月次祭が行われ、全国からたくさんの参拝者が訪れます。

 

【穴八幡宮】

運気上がる 初詣

金運を上げたいという方には、オススメなのが『穴八幡宮』です。

冬至から節分まで、頒布する金銀融通の『一陽来復御神』が有名です。

 

【川越氷川神社】

運気上がる 初詣

恋愛運を上げたいという方や家庭の運気を上げたいという方は、『川越氷川神社』がオススメです。

こちらの神社では、家庭円満・夫婦円満・縁結びの神様として信仰されています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は運気が下がる参拝から、運気が上がる神社までご紹介しました。

こちらの記事を参考に、ぜひ運気が上がる神社を見つけてください。

そして、素敵な年をお過ごし下さい。

こちらの記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント