免許証の写真は本当の顔?可愛く写る方法やおすすめの服装やメイクで100%盛る方法を伝授!

生活ハウツー
スポンサーリンク

 

免許証の更新や配布の際に必須となってくる写真撮影。

なかなか満足に撮影できたという方は少ないのではないでしょうか。

一度作成された免許証は長期間自分の身分証明書としても手元に置いておくことになりますよね。

納得いかない写真の免許証を長らく持つよりも、ある程度納得のいく写真の免許証をせっかくなら手元に置きたいものです。

そこで今回は、
✅免許証の写真を可愛く写る方法
✅納得のいく仕上がりにするコツやポイント
✅おすすめの服装やメイク術
をご紹介していきます。

 

免許証の写真がひどい!本当の顔なの?

免許証 写真 本当の顔,免許証 写真 服装 おすすめ,免許証 可愛く写る方法,免許証 写真 盛る

 

免許証の写真を見たときはショックを受ける方も多いんだとか、実際に自分がこう見えているのかと思うとつらいですよね。

ただ本当の顔かどうかはその場所の明るさや光の当たり具合、角度、カメラの構造などによって変わってくる場合があるため、心配しすぎなくても良いのではないかと思います。

とはいえ、免許証として自分が満足できる写真にできるのが一番ですよね。

実は服装や顔の角度やヘアスタイルをちょっと意識するだけで、写真写りが良くなる可能性もあるんです。

 

 

スポンサーリンク

免許証の写真を可愛く写る方法を知って100%盛る方法を伝授!

スタバ 福袋 ドリンクチケット 使い方

 

免許証の写真撮影に可愛く、盛れるように写る方法をご紹介していきます。

一発勝負の撮影ですが、事前にコツをチェックして挑んでみてくださいね。

 

証明証の写真に映えるメイク法

メイクは清潔感を意識してしっかりメイクアップすることが大切です。

厚化粧にならないぐらいのナチュラルメイクをしっかり施しておきましょう。

チークをいつもよりナチュラルにしたり、目下のクマに気を付けたり、ちょっとしたことですが、写真写りをよくするのにメイクはとても大切ですね。

男性の方はひげをしっかり剃ったり、目下のクマに気を付けたりすると印象が変わるかもしれませんね。

 

証明証の写真に顔写りがよく見えるおすすめの服装

服装は白い服がよいとされています。

白はレフ効果があるため、顔が明るく見えてキレイに写りやすいです。

 

ベージュなどの色を選ぶことがおすすめです。

 

また白いハンカチを座った足に乗せておくことも、レフ効果を得られるんだそうです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ただし背景と同じような色にしてしまうと同化してしまうため、免許センターでよく見る淡いブルーなどは避けた方がよさそうですね。

 

また、VネックやUネックなど首元に少し隙間のある服装がすっきりと見せてくれます。

 

顔から首のラインがすっきりと細く見える効果があるようで、少しでもシュッと見えてくれるのはとても嬉しいですよね。

反対にタートルネックは詰まった印象になってしまうこともあるので注意が必要です。

またVネックやUネックはあまり深くあいたものだと写真に写らない場合もあり、そうなってくると写真として使用してもらえない可能性もあるので、注意しましょう。

 

証明証の写真に映える顔の角度や表情

まず姿勢を良くすることがポイントです。

猫背だと体と顔のバランスが上手く取れずにキレイに見えない場合があります。

胸から上だけの写真ですが、姿勢を正すことで顔や首がすっきり見えますよ。

また歯を見せた笑顔の写真が使用できないところは、口元で柔らかい雰囲気を作るようにするといいそうです。

顎を軽くひいて、自然な笑顔に見えるように意識しましょう。

 

なかなか難しいかもしれませんが、鏡などを見て練習していくとコツがつかめますよ。

また目を大きく見開くことを意識するのも良いそうです。

こちらも不自然に見開くのではなく、自然にぱっちりとした目を意識することで、写真写りがよくなります。

 

証明証の写真に映えるおすすめの時間帯

時間帯は午前中がおすすめです。

どうしても夕方や夜になってしまうと、メイク崩れや顔のむくみが気になってきてしまいます。

できるだけ早い時間の午前中に写真を撮ってもらうことも大切です。

 

証明書の写真に好印象を与えるヘアスタイル

ヘアスタイルは顔の輪郭が分かるように仕上げることが大切です。

胸から上だけの写真は顔を隠すように髪の毛でカバーしてしまうと反対に大きく見えてしまうことがあるようです。

また撮影場所は明るさも暗いので、表情や顔が暗く重く見えてしまう原因になってしまうかもしれません。

 

すっきりと髪をまとめたり、輪郭を出すようにセットすることで、清潔感や明るさのある写真にできますよ。

 

 

スポンサーリンク

運転免許証の写真は持ち込みOK?持参する際の注意点を紹介

 

写真を撮るときのコツをご紹介してきましたが、うまく取れた写真を持参して使ってもらうことができればそれに越したことはないですよね。

こちらでは持参してもいいのかということや、注意点をご紹介していきます。

 

運転免許証の写真は持ち込んでもいいの?

運転免許証の写真はなんと持ち込み可能なんだそうです。

ただし、都道府県別に持ち込める申請が限られているため注意しましょう。

また持ち込みが使用できる申請所も決められている可能性もあります。

持ち込んでも良いとされている運転免許証の申請は、例えでいうと更新手続きの場合のみなどです。

初めての運転免許証取得の際や、運転免許証の再交付の場合、失効手続きによる運転免許証の申請は持ち込んだ写真が使えないと言われる可能性もありますので注意しておきましょう。

持ち込んだ写真が使えないと言われた場合は、現地で写真撮影となるようなので、念のため、現地で写真を撮ってもいいように準備していきましょう。

またそれ以外にもサイズや服装の規定が厳しくなっているため、その点もしっかり確認したうえで持ち込むようにしましょう。

服装などの注意点は次からご紹介します。

 

運転免許証の写真を持参するときの注意点

運転免許証の写真を持参するときはいくつか注意点があります。

■指定のサイズ
■申告前6か月以内に撮影したもの
■帽子は被らない(宗教や医療などの理由がある方は申告する)
■背景の色と同化する服の色は認められない
■カラーであること
■背景は何もないこと
■正面の胸から上であること

などが持参する写真で注意するべきポイントとなります。

カラコンについてですが、一部では認められたという情報もあるため、自然なものだとOKな場所もあるのかもしれませんね。

こちらも自分が向かう免許センターによって違いがでる可能性があるため、持って行く前にチェックしておくことがおすすめです。

他にも細かい服装や表情についても注意点があります。

例えばヘアバンド、マスクもNGですし、表情も目を細めていたり、目線が正面でないものはNGだそうです。

一部では色の薄いサングラスや歯の見える笑顔でも良いとされている場所もあるため、こういった点も事前にチェックしておくことをおすすめします。

また画質の明るさや解像度なども注目される点となるため、事前にしっかり細かくチェックしてから写真を撮影、持参しましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

免許証の写真はいくつかのポイントを抑えれば納得のいく写真に近づけそうですよね。

ただし一回しかチャンスがないため、絶対に満足する仕上がりにしたい方は写真の持ち込みを検討するのもよさそうです。

注意点をしっかり守って都道府県別に向かう免許センターの指定に沿えれば持ち込みでも使用してくれので安心ですね。

長く使用する免許証はぜひ以上のコツやポイントを駆使して納得いく写真で作成できるようチャレンジしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメント