Go Toキャンペーンは既に予約済みでも対象になるの?連泊した場合の補助日数は?

生活ハウツー
スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスによる打撃を受けた観光業・飲食業・イベント業・エンターテイメント業などを対象として国が行う需要喚起策「Go To キャンペーン」。

中でもお得すぎると既に話題になっているのが、Go To トラベルキャンペーンです。

そんなGo To トラベルキャンペーンですが、すでに予約済みでも対象になるのか?調べてみました!

 

 

Go Toキャンペーンは既に予約済みでも対象になる?

go to キャンペーン 予約済み

 

Go To トラベルキャンペーンは、旅行会社や旅行予約サイト等を通じてキャンペーン期間内に旅行予約をした場合に、その代金の2分の1に相当する金額が支援されるというものです。

6月の半ばに観光庁より「8月の早い段階の開始を目指す」ことが発表されたこのキャンペーンですが、既に旅行の計画を立てていてホテルやツアーを予約しているという人も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、既に予約済みのものでもキャンペーンの対象になるのか?ということ。

答えは「旅行後の申請に応じて割引分を還付する」とのことです。

ただし旅行代理店から申し込んだ場合は、交通費+宿泊代が出ますが、個人で手配した場合は、宿泊代のみ。

割引に違いがあるので注意が必要です。

 

旅行代理店で申し込んだ方がお得ってことね。

 

【旅行後の申請方法】

✔ 申請書(事務局ホームページ・宿泊施設などで入手)
✔ 領収証(原本)
✔ 宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
✔ 個人情報同意書(事務局ホームページ・宿泊施設などで入手)

上記を「郵送」もしくは「オンライン」で事務局に送れば申し込みは完了!

事務局で書類を確認後、旅行者に口座振込かクレジットカード振込などで還付されます。

※事務局の詳細は立ち上げ後に追記していきます。

【運営事務局のお問い合わせ窓口】

03-3548-0520(平日のみ)
03-3548-0540(毎日)
受付時間:午前10時~午後5時

※上記の窓口は8月1日以降は別の番号に変更予定なので、また変更後に追記していきます。

キャンペーンの対象になる予約の開始時期は7月22日から一部を先行させて開始予定です。今後Go Toトラベルキャンペーンの情報が更新されますので、引き続きチェックしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

Go To キャンペーンで連泊した場合の補助日数は?

go to キャンペーン 予約済み

 

今のところ2020年8月から半年間の実施予定になっているGo To キャンペーン。

夏休みやシルバーウィーク、冬休みや年末年始まで活用できる可能性があるキャンペーンとあって長期休みにこのキャンペーンを利用して遠出、連泊をしたいところですね。

このキャンペーンの概要によると、現状連泊しても泊数の制限なく一人当たり1泊上限2万円までの補助が適応されます。

一人あたり1泊上限2万円ですので、最大限利用したとして単純計算で一人1泊につき2万円の補助、
2泊するとさらに2万円追加で4万円の補助、3泊で6万円の補助・・と泊数が多ければ多いほど、補助される額も積み重なりさらにお得に利用することが出来ます。

 

 

スポンサーリンク

Go To キャンペーンで利用できる回数は?

go to キャンペーン 予約済み

 

キャンペーンを利用できる回数には制限があるのか気になりますよね?

 

答えは、制限はありません。「無制限」です。

今回のキャンペーンでは、回数に制限を設けない方針との発表がされています。

例えば8月夏休みで利用して、9月シルバーウィークで利用、さらにお正月にも利用、と複数回何度でも利用することが出来るのです。

ただし、他のキャッシュレス還元事業やマイナポイント等と同の方針であれば、予算に達した時点で受け付けを締め切る可能性も出てくるはずですので、予定の期間よりも早めに終了してしまう可能性もあるかもしれませんので注意が必要ですね。

 

こんなお得なキャンペーンならキャンペーン中に、何度も旅行に行きたくなってしまいますね。

 

 

スポンサーリンク

気になる!Go To キャンペーン以外のキャンペーンとは?

go to キャンペーン 予約済み

 

今回ご紹介しているGo To Travelキャンペーンが含まれる「Go Toキャンペーン事業」は1.7兆円の予算が組まれた超大型の事業です。

ご紹介している旅行代金を補助する「Go To Travel キャンペーン」の他にも、飲食代金を補助する「Go To Eatキャンペーン」、イベント代金などを補助する「Go To Event キャンペーン」、商店街を支援する「Go To 商店街 キャンペーン」の4つのキャンペーンがこの夏から順次実施される予定です。

Go To TravelキャンペーンとGo To Eatキャンペーンについては、ばんやりと内容が見えてきましたがいずれもまだ詳細が固まっておらず、それぞれ発表が待ち遠しいですね。

 

 

Go To Eat キャンペーン(飲食)

go to eatキャンペーン

 

外食産業の需要喚起を目的としたキャンペーン。

こちらも現状まだ詳細は発表されていませんが、「オンライン飲食予約サイト経由で期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を一人あたり最大1000円分付与する」「一部店舗を対象に、登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等) の発行も行う」という概要が発表されています。

実施予定期間は、2020年7月22日(一部先行開始)~2021年3月中旬。

「Go To キャンペーン」の中でも最も早く実施される見込みがあります。

補助対象者は、オンライン飲食予約サイト経由での予約・来店者とされており、補助額に関しては最大一人当たり1000円分となっています。

 

 

Go To Event キャンペーン(イベント/エンターテイメント)

go to eventキャンペーン

 

イベント・エンターテイメント産業の需要喚起を目的としたキャンペーン。

チケット会社を経由して、キャンペーン期間中のイベントやエンターテイメントのチケットを購入した消費者に対して、料金の2割相当の割引またはクーポン等の付与を行う予定です。

まだまだコロナ感染者数が減少しない中ですので、クラスターを引き起こしやすい集団が集まるイベントやエンターテイメント産業を対象とするこの事業の実施については開始判断が難しいようで現時点では具体的な実施時期や内容に関してまだ言及されていない状況です。

補助対象者は、チケット販売事業者等を経由してチケットを購入する消費者で、補助額はチケット購入費の20%相当の割引またはクーポン等の付与となっています。

こちらは開始がいつになるか、まだ見通しが立ちませんがエンターテイメント界も深刻な打撃を受けていますしライブやエンターテイメントを生活の楽しみにしている人もたくさんいますので、早く良い状況で実施されることを祈るばかりですね。

 

 

Go To 商店街 キャンペーン

 

地域商店街における需要喚起を目的としたキャンペーン。

こちらは消費者に向けてのキャンペーンというより商店街支援のキャンペーンです。

キャンペーン期間中のイベント開催やプロモーション、 観光商品開発などの商店街の需要喚起につながる取り組みに対して上限300万円の補助を行うという内容です。

さらに複数の商店街をまたいでの広域のプロモーションや、観光商品開発等を実施する場合に最大500万円の上乗せが行われる予定です。

対象事業者は商店街振興組合等で、補助額は原則300万円から最大500万円を上乗せ。

実施期間は、こちらもまだ未定となっています。

 

 

スポンサーリンク

Go To キャンペーンとGo To Eat キャンペーンを併用できる?

go to キャンペーン 予約済み

 

お得なキャンペーンなので、利用出来る限り利用して最大限に有効活用したいですよね。

 

例えばGo To Travelキャンペーンを利用して旅行に行き、旅先のレストランでGo To Eatキャンペーンを利用して食事をするということは可能なのかしら?

 

答えは、「併用可能」です。

Go To Travel キャンペーンを利用して旅行を予約し、Go To Eatに対応しているオンライン飲食予約サイトで旅先のレストランなどを予約して食事をとれば併用することが出来ます。

旅先での食事処は行き当たりばったりになりがちですが、Go To Eatと併用したい場合はあらかじめ旅先で食事をするお店を決めておいて予約を入れておくとスムーズですよ♪

 

 

 

外出自粛のストレスを発散!Go Toキャンペーンを利用してお得な旅を♪

go to キャンペーン 予約済み

 

長い長い外出自粛期間によりお出かけや旅行に行けずストレスフルになっている人も多いのではないでしょうか。

まだまだ新型コロナウイルスの感染者数も落ち着かず予断を許さない状況ではありますが、日本経済のダメージ回復にも貢献したいですね。

まだ未確定な部分が多いGo Toキャンペーンですが、消費者にとってはとても有難いキャンペーン。

個々でもマスク着用や手洗いうがい、消毒を徹底して感染予防をしっかりした上で、外出を楽しみましょう♪

 

スポンサーリンク

コメント