ユニクロで返品しすぎるとブラックリストに載る?UNIQLOに嫌われない返品のマナーと返品方法を紹介!

生活ハウツー
スポンサーリンク

ユニクロでの返品はしたことはありますか?

購入したものの、思ってたイメージと違ったり、サイズが違ったりして返品したいと思った方もいるのではないでしょうか。

返品しすぎたためにブラックリストに登録されるなどのうわさは本当なのか?その真相にもせまります。

この記事では、ユニクロの返品方法や返金のされ方などを、購入方法別にまとめましたので、ぜひスムーズに返品していきましょう!

 

 

ユニクロで返品しすぎるとブラックリストに載るの?

ユニクロ 返品 しすぎ

 

ユニクロにブラックリストがあるかは確実にはわかりませんでしたが、そのような口コミは多くみられました。以下の口コミは、すべてTwitterからの引用です。

 

 

 

 

 

返品可能のユニクロですが、あまりにも交換や返品をしすぎる方はブラックリストに載るのかもしれませんね。

最後の口コミではブラックリスト入りしている可能性があるのか、買えなかったということなので、返品しすぎて最終的には買えなくなっちゃうのかも。

返品のしすぎには注意が必要かもしれません。

 

スポンサーリンク

ユニクロ商品を返品できるのはどこまでOK?

ユニクロ 返品 しすぎ

ユニクロ公式サイトに、返品するときの条件が書かれています。

まず、返品交換はご購入日より3か月以内の商品に限る。

 

3か月を超えてしまうと返品できないので、期限には気を付けてくださいね。

 

また、試着したり裾上げしたりした商品なども交換可能です。もし購入店へ行くのが難しい場合は、購入店以外でも3か月以内なら返品できますよ。

また、以下の商品は返品できないので、よく確認してから返品しに行くようにしましょう。

【ユニクロの商品で返品できない物】

・転売目的で購入された商品
・ユニフォームとして注文された商品
・過度の返品・交換を繰り返している場合
・同一商品番号で50点以上の返品、交換を要望される場合
・お客様の元でキズまたは破損・汚損が生じた商品

 

 

スポンサーリンク

抑えておきたい最低限の返品のマナーと返品方法

ユニクロ 返品 しすぎ

 

ここからは、返品する際の最低限のマナーや返品方法を紹介していきます。

店員さんも忙しいですので、できるだけスムーズに返品を済ませてお互い気持ちよく終わりたいですよね。そんな時はぜひ参考にしてみてください。

 

ユニクロ商品を返品するときのマナー

まず先ほど紹介した返品できない商品ではないのかを、確認してから行くことは大切になります。

店員さんも返品できませんと言うのは心苦しいでしょうし、こちらもせっかく行ったのに返品できずに終わってしまうのは少し残念ですよね。

基本ほとんどの商品が返品可能なのですが、一応確認してから行くようにしましょう!

また、レシートやご利用明細書など、返品の際に必要なものがありますので、忘れずにもっていくようにしましょう。

 

購入するときに、もし返品するかもしれないと少しでも思ったら、大切にレシートやご利用明細書はとっておいたほうがよさそうですね。

 

ユニクロの商品を返品する方法

返品したい商品と購入した際のレシートをご購入店舗もしくはほかのユニクロ店舗へもっていきましょう。

返金されるときですが、購入した時の支払い方法によって異なるため、支払い方法ごとの返金方法を紹介していきます。

 

現金で購入した場合

 現金で購入した場合は、そのまま現金で返金されます。

レシートと商品をもって行くようにしましょう。

 

クレジットカードで購入した場合

クレジットカードで購入した商品の返品・交換には、商品とご購入時のレシート、ご利用明細書(お客様控え)、クレジットカードが必要です。

購入した時に利用したクレジットカードで、返金処理をしてもらえますが、締日をまたいだ場合は、一度引き落とされ、後日入金されます。

※オンラインストア購入商品や、ご購入店舗以外の店舗での返金は現金となります。

 

ユニクロギフトカード・商品券で購入した場合

ギフトカード・商品券での返金はできないため、現金で返金されます。

 

電子マネーで購入した場合

<QUICPay/iDの場合>

電子マネーにて返品処理をされます。

商品とご購入時のレシート、ご利用明細書(お客様控え)を購入店舗へもっていきましょう。

※ご購入店舗以外でご返金の場合は、現金での返金となります。

 

<PayPayの場合>

返品したい商品と購入時のレシートを購入店舗へもっていきましょう。

※ご購入店舗以外では、返品交換ができないようです。

 

<交通系ICカード/WAON/ nanaco /楽天Edyの場合>

電子マネーへの返金はできず、現金での返金となります。

商品とご購入時のレシート、ご利用明細書(お客様控え)を購入店舗へもっていきましょう。

 

また、オンラインストアで購入した場合は、送付で返品することもできます。(店舗でも返品可能です!)「お買い上げ明細書」下側にある「返品カード」に必要事項を記入し、返品商品を「ゆうパック」または「宅急便」で送付します。

※「返品カード」がない場合
「返品カードフォーマット」をプリントアウトして、商品と一緒に送ってください。
注文内容は、ログイン後の「会員情報」にある画面の詳細ページで確認できます。

〇返品カードフォーマット
こちらから返品カードのダウンロードができます。

〇返送先
〒135-0063 東京都江東区有明1-6-7
ユニクロオンラインストア返品受付

 

その後、返品商品が確認出来次第、返金されます。

支払い方法が「代金引き換え払い/後払いの場合で支払い済み/ユニクロギフトカード払い/ユニクロギフトカード払とクレジットカードの併用払い/ユニクロ店舗レジ支払い」の場合は、1週間前後(返金完了メール到着後、金融機関営業日5日前後)で、指定口座に返金されます。

「クレジットカード払い」、「Apple Pay支払い」の場合は、カード会社を通じで返金されます。

カード会社の締め日の関係で、いったん注文全額を引き落とした場合は、翌月、もしくは、翌々月に返金されます。

私自身はユニクロで返品をしたことはないのですが、友人などが交換に行っているのを見たことはあります。交換する際もレシートが必要なようですね。その日も店舗は忙しそうでレジには列ができていたのですが、比較的スムーズに交換できていました。ユニクロの店員さんはうまく連携がとれているようですね。

 

 

 

 

Twitterで、返品した人の評価を見てみても、結構スムーズにできたようで、トラブルなどはほぼないみたいです!

返品をためらっていたかたも、ぜひ遠慮せずに行ってみてくださいね。

 

まとめ

ユニクロ 返品方法

 

ユニクロの返品方法や条件など、またブラックリストはあるのかなどの疑問をまとめてみました。

ユニクロは、とてもお財布に優しい商品が多くて、利用する方も多いですよね。

しかし着てみたらイメージが違ったり、サイズが合わなかったりして返品したいと考える方もいると思います。

今回ご紹介した返品方法などを、ぜひ参考にしてくださいね♪ 

また、不安な方は試着してから購入するのもおすすめですよ!

 

スポンサーリンク

コメント