ユニクロの返品したいのがセール品のとき返品や交換はできる?

生活ハウツー
スポンサーリンク

年滅年始も近づき、街を歩くと洋服のセールをよく見るようになりましたね。

あの、ユニクロも週末はセールになっているなど、さらにお買い求めやすくなっていますよ。

ただ、セールでお買い得だと思って買ってみたものの、サイズが違ったことや、自分に似合わない物を選んでしまった、なんてことありませんか?

セール商品だから、返品・交換できないだろうと思っている方もたくさんいらっしゃるのではないですか?

実は、ユニクロはセール商品でも条件を満たせば、返品・交換ができます。

そこで、今回はユニクロの返品・交換について詳しく説明していきます。

セール品の返品や交換を考えている人は必見ですよ!

 

 





ユニクロのセール品は返品や交換はできる?

ユニクロ 返品 セール品

 

ユニクロのセール商品は返品・交換が可能です。

ただ、返品・交換するにあたり、3ヶ月以内に購入した商品でないと、返品・交換ができないのでレシートなどで購入日を必ず確かめてくださいね。

 

セール商品の他にも返品・交換できる商品は、

・タグを外してしまった商品
・一度着用してしまった商品
・箱やパッケージから出してしまった商品
・ユニクロの裾直しのサービスを受けた商品

 

これほどの商品を返品・交換の対応していただけるので大変ありがたいですよね。

 

ただ、タグを外してしまった商品を返品・交換する際は、商品番号を調べるなど手続きに時間がかかってしまう場合があるので、切ったタグも一緒に持っていくとスムーズに手続きでき親切です。

 

では、実際に、店舗購入した場合の返品交換の手続きとユニクロオンラインストアで購入した場合の手続きについて詳しく説明しますね。

 

ユニクロ商品を店舗で購入でした場合の返品方法

店舗購入の場合、ユニクロの店舗に商品を持っていきます。

この時、必ずレシートを持って行ってくださいね。

購入時のレシートがないと返品・交換ができないので、必ずレシートは保管しておいてください。

 

店舗に行ったら、返品・交換をしたい商品とレシートをレジに出してください。

もし、サイズ交換をする際に、その店舗にサイズがない場合は、お取り寄せ、または他店舗でも手続きになるので注意してくださいね。

基本、店舗購入品の返品・交換は他店舗でも手続きが可能です。

ただ、ユニクロ免税店での購入の場合、その店舗でしか手続きができないので注意が必要です!

また、店舗で購入した商品は、オンラインストアの返品・交換手続きができないので、必ず店舗に直接行き、手続きを行ってください。

 

ユニクロオンラインストアで購入した場合の返品方法

ユニクロオンラインストアで購入した場合、商品の返送による返品・交換の手続きと店舗に直接行き手続きを行う2つのパターンがあります。

近くにユニクロがない方は、返送での手続きもできるので安心ですね。

ただ、返送での手続きの場合、送料はご自身の負担になるのでご注意ください。

 

① 返送での返品・交換手続きの場合

返送での手続きを希望する場合は、商品と一緒に送付されている返品カードに必要事項を記入してください。

あとは、荷物を詰め、返品受け付けの宛先に返送するだけです。

返金は、返品カードに記載した口座に1週間前後で振り込まれます。

必ず、入金がされているか確認してくださいね。

 

② 店舗での返品・交換の手続きの場合

オンラインストアで購入した商品も、直接店舗で返品・交換の手続きをすることをおすすめします。

 

おすすめの理由として、

・どこの店舗でも手続きが可能
・時間がかからない
・返送の手間がかからない
・返送料がかからない

という、メリットがあるからです。

 

では、実際に店舗で返品・交換の手続きをする際は以下の持ち物をご準備してくださいね。

・返品・交換したい商品
・お買い上げ明細書
・返品カード
・払込受領書

 

詳しい内容は、お買い上げ明細書にも記載されています。

もし、分からないことがあれば、まず、お買い上げ明細書を確認してみてくださいね。

 

 

オンラインストアで購入した商品の注意点として、支払いを後払いにして受領されていない場合、返品・交換の手続きができないので、必ず払込受領書を確認してください。

 

 

スポンサーリンク



ユニクロでも返品ができないものとは?

ユニクロ 返品 セール品

 

これまで、ユニクロの返品・交換の手続きについてご説明しました。

次に、返品・交換ができない商品について説明します。

自分が返品・交換したい商品が当てはまっていないか、ぜひ確認してみてください。

 

ユニクロでの返品・交換ができない商品は、

・転売目的で購入された商品
・ユニフォームとして注文された商品
・過度の返品・交換を繰り返している商品
・同一商品番号で、50点以上の返品・交換を要望する場合
・購入後にキズまたは破損・汚損が生じた商品
・後払いをし、支払いが完了されていない商品

こちらに、当てはまると返品・交換ができないので注意してくださいね。

 

 

スポンサーリンク



レシートを無くしてしまった場合でも返品できる?

ユニクロ 返品 セール品

 

次にユニクロの返品・交換の手続きに必要なレシートを失くしてしまった場合の、対処法についてご説明させていただきます。

基本、レシートがないと返品・交換の手続きができません。

ただ、レシートがない場合でも対応してもらえることがあるようです。

 

それは購入の際に、アプリのバーコードを読み取った場合です。

バーコードを読み取ることで、アプリ内で購入履歴が表示されます。

そのため、レシートを失くしてしまっても対応してくれることがあります。

ただ、これは店舗にもよるので、基本はレシートを必ず保管しておいてくださいね。

 

もしレシートを失くしてしまった場合は、ダメ元で店舗のスタッフの方に聞いてみるのもいいかも知れません。

 

 

スポンサーリンク



ユニクロで実際に返品した時の感想!

最後に私が実際にユニクロで返品した時の感想をお話しします。

私は、ユニクロズボンのサイズが大きく、サイズ交換に行きました。

しかし、私が購入したSサイズではウエストが緩かったため、XSサイズに変更する予定でしたが、商品は人気だったためオンラインストア、全店舗、完売になっており、泣く泣く返品手続きに変更になりました。

ただ、この時対応してくださったスタッフの方は、様々な店舗の在庫確認をしてくださり、とても丁寧でした。

 

泣く泣く返品にはなりましたが、返品の手続き自体は、レシートと商品を預けその場で現金にて返金され、とてもスムーズに行うことができました。

 

私はカード払いしていたのですが、その場で現金で返金してくれたので明細を、いちいち確認する手間も省けてよかったです。

個人的な感想ですが、返品・交換の手続きはセール期間やピーク時を避けることをオススメします。

その方がスタッフの方も余裕を持って対応してくださいますし、人気商品は在庫の兼ね合いがあるので、サイズ交換をしたい場合は、なるべく早く店舗に行くことをオススメします。

そうすることで、自分の欲しい商品のサイズに交換できますよ♪

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はユニクロの返品・交換について説明させていただきました。

再度確認になりますが、ユニクロの返品・交換は、

・3ヶ月以内に購入した商品であること
・レシートを必ず持参すること

このことをしっかり踏まえた上で、手続きを行ってください。

もし返品・交換に迷っているなら、一度店舗に行ってみてくださいね。

こちらの記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント