チャイに含まれるカフェイン寝る前に飲んでも大丈夫?飲み過ぎるとどうなるの?

生活ハウツー
スポンサーリンク

 

たっぷりの砂糖が入ったミルクティーに、スパイスの香りが特徴的なチャイ。

これから寒くなるにつれて、飲む機会が増える飲み物ですよね。

寝る前やリラックスしたい時などに、飲みたいという人も多いのではないでしょうか?

しかし、紅茶で作るチャイは、カフェインが入っているので、寝る前に飲むと眠れなくなってしまいそうと、迷ってしまう事もあります。

そこで今回は、チャイを寝る前に飲んでも寝られなくならないか?チャイを飲むことで得られる効能なども調べていきたいと思います。

 

 

 

チャイに含まれるカフェイン寝る前に飲んでも大丈夫?

チャイ カフェイン 寝る前

 

それでは最初に、カフェインが含まれるチャイを、寝る前に飲むとどうなのかを調べてみましょう。

カフェインと聞くと、覚醒作用が強いというマイナスなイメージを持つことが多いかもしれません。

しかし、チャイを飲むことで得ることのできる効能も色々あるという事が分かったので、ここでは、カフェインの覚醒作用だけでなく、得られる効果・効能にもスポットを当てて解説していきたいと思います。

 

寝る前にカフェインを摂るとどうなる?

まずはチャイに含まれるカフェインを寝る前に飲む事で、体にどのような変化が現れるのかを調べていきましょう。

先ほども触れましたが、カフェインには覚醒作用があります。

そのため、寝る前にカフェインを摂ると、眠れなくなると言われています。

また、覚醒作用のほかに、カフェインには利尿作用もあります。

そのため、寝る前にカフェインを摂ると、トイレの回数が多くなったり、目が冴えてしまうといった状態が起こりやすいのです。

 

チャイを飲むことで得られる効能効果は?

では次に、チャイを飲む事で、体にどのような効能を得ることが出来るのかを解説していきましょう。

 

便通が良くなる

まず1つ目のチャイを飲む事で得られる効能は、便通が良くなるという事です。

チャイには、様々なスパイスが配合されていて、内臓の動きを活発にしてくれる効果が期待できるのです。

温かいチャイとスパイスの相乗効果で、女性には嬉しい便秘の改善が期待できますよ。

 

 

体を温めることが出来る

そして2つ目のチャイを飲む事で得られる効能は、体を温めることが出来るという事です。

先ほどもご紹介した通り、チャイには様々なスパイスが配合されています。

 

その中には、生姜など発汗作用のあるスパイスも含まれている為、体を温めてくれる効果があるのです。

 

 

リラックス効果

そして3つ目のチャイを飲む事で得られる効能は、リラックス効果です。

 

チャイの原料でもある紅茶の茶葉には、体の炎症を抑える効果や、興奮を沈めてくれる効果があるのです。

 

さらに、温かく甘いミルクティーとして飲む事で、さらにリラックス効果を得られるというわけですね。

 

スポンサーリンク

 

チャイを飲み過ぎるとどうなるの?

チャイ 飲み過ぎ

 

さて、様々な効能が期待できるチャイですが、カフェインが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。

そこでここでは、チャイを飲み過ぎる事で、カフェインの影響がどのようにあるのかを調べていきたいと思います。

 

チャイの飲みすぎによるカフェインの影響

・頭痛
・心拍数の増加
・不眠
・下痢、嘔吐

チャイに含まれるカフェインは、摂り過ぎると上記のような症状が出る事があると言われています。

 

覚醒作用があり集中力を高める事が出来る反面、こうした影響があるので飲み過ぎには注意が必要ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

チャイを寝る前に飲むタイミングや適量はどれくらい?

チャイ カフェイン 寝る前

 

ではチャイを寝る前に飲みたい時に、どのタイミングで飲めばいいのか調べていきましょう。

先ほども解説した通り、チャイには覚醒作用のあるカフェインが含まれています。

そのためチャイを寝る前に飲む時は、飲むタイミングが大切です。

 

チャイを寝る前に飲むならどれぐらいが適量?

紅茶1杯あたりに含まれるカフェインの量は、約50mg~80mgと言われています。

そして、カフェインの1日の最大摂取量は、約300~400mgと推奨されています。

 

そのため全体の摂取量上限を考えると、1杯程度のチャイなら寝る前に飲んでも大丈夫でしょう。

 

 

寝る何時間前までならチャイを飲んでもいいの?

さて寝る前と言っても、人によって時間は様々ですよね。

実は、チャイに含まれているカフェインは、その効果が出始めるまでに少し時間がかかります。

そのため、チャイを飲むタイミングもとても重要になってくるのです。

カフェインは、摂取してから体の中に吸収されるまで、30分~1時間ほどだと言われています。

そして、体に吸収されてから効果が持続するのが、約4時間~6時間です。

 

この事を踏まえて考えると、チャイを飲むなら寝る4時間前までが良いでしょう。

 

それ以上、寝る時間に近くなると、覚醒作用が持続しているので、眠れなくなってしまう可能性が高くなりますね。

 

 

スポンサーリンク

 

チャイを飲むと寝れない人におすすめの飲み物

チャイ 飲み過ぎ

 

それでは最後に、寝る前にチャイを飲むと、眠れなくなってしまう人に、オススメの飲み物をご紹介したいと思います。

 

ホットミルク

まず1つ目の寝る前にオススメの飲み物は、ホットミルクです。

昔から、寝る前にホットミルクを飲むと、寝つきが良くなると言われていますが、その通りなんです。

ホットミルクには、私たちの体の自律神経を整える働きがあります。

質の良い睡眠をとるためには、この自律神経が正常に働いている事が、とても重要!

 

そのため、寝つきが悪い人は、寝る前にホットミルクを飲むことで自律神経が整えることができ、快適な睡眠へと導くことが出来ますよ!

 

 

ノンカフェイン飲料

2つ目の寝る前にオススメの飲み物は、ノンカフェイン飲料です。

ノンカフェイン飲料なら、寝る前に飲んでも覚醒作用が起こることはありません。

また、チャイに比べてノンカフェイン飲料は、カロリーを抑える事が出来ます。

 

そのため、寝る前の飲み物としては最適なのですね。

 

 

ハーブティー

3つ目の寝る前にオススメの飲み物は、ハーブティーです。

ハーブティーは、様々な香りを楽しむ事が出来て、リラックス効果が期待できます。

 

また、神経の鎮静作用があるので、寝る前の興奮した神経を沈め、快眠へと導いてくれるのでオススメですよ。

 

 

豆乳

4つ目の寝る前にオススメの飲み物は、豆乳です。

豆乳は、疲労回復効果が期待できると言われていて、寝る前に飲む飲み物として最適なのです。

 

また、睡眠中に修復されるお肌の新陳代謝にも良いといわれていて、寝る前に飲む事で、美肌効果疲労回復効果の2つの効果を期待できますよ。

 

 

生姜湯

5つ目の寝る前にオススメの飲み物は、生姜湯です。

生姜湯は、体を内側から温める効果がありますよね。また、神経の興奮を抑える作用もあります。

 

そのため、寝る前に飲む事で、体が温かい状態で眠る事ができ、リラックス状態を維持することが出来るのです。

 

 

まとめ

さて今回は、チャイを飲む事で得られる効能や、配合されているカフェインの影響を調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

カフェインは飲む時間さえ気をつければ、寝る前に飲んでも眠れなくなることはありません。

 

逆に、持続時間などを逆算することで、目覚めを良くすることも出来るのです。

 

どうしても寝る前に飲みたい時は、今回ご紹介した飲み物を参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメント