インスタグラムの投稿方法変わった?2021年最新の通常投稿方法を紹介!

生活ハウツー
スポンサーリンク

 

インスタグラム(Instagram)を利用する人は年々増えています。

もともとインスタグラム(Instagram)は写真を投稿するだけのアプリでした。

なのではじめは「Twitterの写真だけバージョン」なんて思った方もいるのではないでしょうか。

そんなインスタグラム(Instagram)も近年たくさんの機能が追加されてきました。

例えば「インスタライブ」です。この機能は元々あったものではありません。「ストーリー」もそうです。

ところが最近「インスタグラムの投稿方法が変わった?」との多くの声が!

 

そこで今回は投稿方法が変わったのか?改めてインスタグラムの投稿方法をおさらいしていきましょう!

 

今からインスタグラム(Instagram)を始めてみたいけど使い方が分からない、とあきらめる前にぜひ一緒に使い方をマスターできたらと思います!

 

 

 

インスタグラムの投稿方法変わった?投稿できない原因とは?

インスタグラム 投稿方法 変わった

 

いままでインスタグラム(Instagram)を利用してきていたのに、突然投稿が出来なくなった!と困っている方が多いのではないでしょうか。

実は投稿は出来ます!

投稿が出来ない原因は、インスタのアップデートの影響で、インスタアプリの画面レイアウトが大きく変更されたことが考えられます。

実際に「投稿ボタンが消えて投稿の仕方が分からない」といった声がたくさんみられました。

しかし全く投稿できなくなったわけではありません。

 

次は通常投稿の仕方をおさらいしつつ、アップデート後のインスタグラムの投稿方法を確認していきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

インスタグラム2021年最新の通常投稿方法を紹介!

インスタグラム 投稿方法 変わった

 

ここからは実際のインスタグラム(Instagram)での通常投稿の仕方をご紹介します。

通常投稿というのは「ホーム」や「タイムライン」のようなところに表示される投稿のことです。

自分で見ることはもちろん、自分のことをフォローしてくれている人にも投稿は表示されます。

そして、その投稿を見た人は「いいね」を押すことが出来ます。

こういった「通常投稿」のことを「フィード」とも呼びます。
 

【フィードの特徴】
 ・投稿素材:静止画、1分以内の動画

※一度に投稿できる写真の枚数は10枚までです。
 動画と写真を合わせて投稿することも可能です。

 

次に投稿方法です。

今年は「インスタが投稿できない」という声が多く見られました。

この記事を読んでくださっている方の中にもそんな体験をした方はいると思います。

実際のところ投稿方法自体はあまり変化はしていません!

IOSやアプリのアップデートの関係で、アプリのレイアウトが変わったと考えられています。

元々写真を投稿するための「+」ボタンは画面下の中央にありました。

前はみなさんそこから写真選択画面へと進んでいき、投稿をしていたと思います。

しかしこのアップデートにより、画面下中央にあった「+」ボタンが画面右上に移動になりました。

 

後の写真選択や写真の編集は今までと何も変わらないので、みなさんも安心して試してみてください。

 

他にも投稿できない理由として考えられるのは、
 ・インターネット環境が不安定
 ・アプリをアップデートしていない
 ・ソフトウェアをアップデートしていない
 ・速度制限等による通信速度の低下
 などが考えられます。
 

もし「+」ボタンの位置以外で投稿できないという場合は、上記を確認してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

インスタグラムの投稿に注意すべき点とは

インスタグラム 投稿方法 変わった

 

最後にインスタグラム(Instagram)を投稿する際に注意しておくことを確認していきましょう!

通常投稿では「タグ付け」「場所の追加」があります。

「タグ付け」では自分以外のアカウントのタグをつけることが出来ます。

例えばおしゃれなカフェに行ったとして、一緒に行った友達のアカウントをタグ付けします。

すると、投稿するときに友達のIDが表示されるのです。

これは友達と出かけた楽しい思い出として投稿することもできますが、もしあまり仲の良くない第三者に投稿を見られたとしましょう。

「あの子たちだけで遊んでいたの??」なんてことを思われてしまうかもしれません。

「場所を追加」は名前の通り写真を撮った場所を追加することができます。

これも思い出を残すための投稿で止まると良いのですが、最悪の場合犯罪に巻き込まれてしまう可能性も全く無いとは言い切れません。

はじめにも言った通り、インスタグラム(Instagram)を利用する人は年々増えています。

ということは、優しい人だけでなく良くないことを考えている人もいるかもしれません。

もし写真をタグと場所を追加して投稿して、「○○ちゃんと○○ちゃんは今ここに居るのか!自分も同じところに行って直接見ちゃおうかな!」と、ストーカー気質な人に目を付けられていたら怖くありませんか?

SNSは本当に誰でも利用できるものです。

友達同士だけで楽しむはずだったのに・・・と後悔をする前にきちんと対策をしなければなりません。

例えば、インスタグラム(Instagram)のアカウントに鍵をかけ、「フォロワーにだけが投稿を見ることが出来る」ようにする、「むやみやたらに場所を追加しない」「家の近くの場所を追加しない」などしっかしと考えてみると対策はたくさんでてきます。

特に未成年の方、その保護者の方は犯罪に巻き込まれないためにもインスタグラム(Instagram)の使い方を確認しておくのも良いかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はインスタグラム(Instagram)の「通常投稿の仕方」「投稿が出来ない場合の対処法」「インスタグラム(Instagram)を利用するときの注意点」を見てきました。

通常投稿は写真を加工しておしゃれに投稿することができるのでとても楽しい機能です。

アップデートが入りうまく投稿できないと思った方はぜひこの記事を参考にしてもらえたらと思います!

タグ付けや場所の追加には十分に気を付けましょう。

インスタグラム(Instagram)を利用する全員が楽しめるよう、一人ひとりがルールを守らなくてはなりません。

犯罪につながることのないように気を付けつつも、楽しい思い出を共有していきましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

コメント