ユニクロのブロックテックパーカを長持ちさせる洗濯方法は?洗濯頻度や干し方も紹介!

生活ハウツー
スポンサーリンク

みなさんは、ユニクロで発売されている「ブロックテックパーカー」をご存じでしょうか?

「ブロックテックパーカー」は、ユニクロの独自開発で、ファッション性があって、普段着としてもアウトドアのシーンでも着ることが出来る、とても人気の商品なのです。

私服との相性がいい事から、男女問わず人気の商品!

 

しかし、「ブロックテックパーカー」は、様々なシーンで使えるように、表面に特殊な撥水加工や樹脂加工が施されていて、洗濯する時は注意が必要です。

 

出番が多いアイテムなので、こまめに洗濯はしたいですよね。

そこで今回は、このユニクロの「ブロックテックパーカー」が持つ特徴と合わせながら、長持ちさせるための洗濯方法や干し方などを、解説していきたいと思います。

 

 

ユニクロのブロックテックパーカを長持ちさせる洗濯方法


ユニクロ ブロックテックパーカ 洗濯

※引用:https://www.uniqlo.com

 

そもそも、「ブロックテックパーカー」とは、どういうものなのかを、先にご紹介しましょう。

「ブロックテックパーカー」とは、ユニクロが独自に開発した、防水・防風・ストレッチ・透湿・耐久撥水機能を持つ、最新技術を取り入れたパーカーの事です。

普段の、ちょっとした買い物の時に着用しても違和感がなく、色々なシーンで使う事が出来る、便利なパーカーとして重宝されています。

 

そんな「ブロックテックパーカー」、少しでも長持ちさせて、着続けたいですよね。

 

そこで、ここでは、「ブロックテックパーカー」を長持ちさせる洗濯方法を、解説していきたいと思います。

 

手洗いが基本!

ユニクロの「ブロックテックパーカー」は、撥水効果が特徴の商品です。

ブロックテックの商品は、ユニクロの物だけに限らず、洗濯する際は、少し注意をしなければならない点があります。

 

まずは、基本の洗濯表示を確認しましょう。

 

ユニクロの「ブロックテックパーカー」は、一応、洗濯機での洗濯は可能となっています。

 

しかし、ユニクロの「ブロックテックパーカー」は、表面に特殊な樹脂加工が施されているので、普通洗いコースや、洗濯中に他の洗濯物と激しく擦れたりすると、樹脂加工が取れてしまい、「ブロックテックパーカー」の劣化も早くなってしまいます。

ですので、基本的には手洗いをオススメします。

 

また、洗濯する時は、漂白剤や蛍光剤配合の洗剤は使用できません。

洗剤は、『おしゃれ着用』のものをご使用になる事を、おススメします。

 

【手洗いの方法】

手洗いの場合は、お湯をはった中に、おしゃれ着用の洗剤を入れ、ゆっくり全体がお湯に浸るように押し洗いすると良いでしょう。
空気を少しずつ押し出すような感じで、ゆっくり洗います。
そうすることで、全体的に洗剤が行き渡り、汗などの汚れも落ちやすくなります。

このように、撥水加工や樹脂加工が施されている「ブロックテックパーカー」は、表面の加工を守るために、いくつかの注意点を気をつけて、基本は手洗いがオススメされています。

 

洗濯機を使う場合は「手洗いコース」を!

さて、基本的に手洗いが推奨されている「ブロックテックパーカー」ですが、毎回手洗いが出来るとは限りません。

忙しい時や、すぐに汚れを取りたい時などは、洗濯機で洗いたい時もありますよね。

ここでは、洗濯機で「ブロックテックパーカー」を洗う時の洗い方を、解説していきたいと思います。

まず大切な事は、洗濯機で「ブロックテックパーカー」を洗う場合は、必ず「手洗いコース」に設定してください。

そして、洗濯機で洗濯する際は、必ず「洗濯ネット」を使用しましょう。

これは、「ブロックテックパーカー」が他の洗濯物と絡まったりして、劣化が早まるのを防ぐ目的です。

そして、手洗いの時と同様に、漂白剤や蛍光剤が配合された洗剤は、使わないようにしましょう。

ユニクロの「ブロックテックパーカー」は、長時間水の中にあると、表面の加工の劣化が早まってしまいます。

 

洗濯後は、速やかに洗濯機から取り出しましょう。

 

基本的には手洗いがオススメの「ブロックテックパーカー」も、注意するポイントを押さえ、加工を傷めない洗い方なら、忙しい時の洗濯機洗いも出来るのです。

 

 

スポンサーリンク

ユニクロのブロックテックパーカの洗濯頻度はどれくらい?

ユニクロ ブロックテックパーカ 洗濯

それでは、ユニクロの「ブロックテックパーカー」の洗濯頻度について、解説していきましょう。

 

「ブロックテックパーカー」を洗うタイミングって、けっこう悩むところですよね。

 

「ブロックテックパーカー」の特徴として、汗に弱い性質を持っています。

汗をかいた状態で、長期間洗濯しないまま放置していると、劣化の原因にもなりますし、ニオイが取れなくなってしまいます。

また、汗と反応することで、樹脂加工などにも影響が出てしまう可能性があります。

汗をかいたときは、なるべく放置せず、洗濯するようにしましょう。

 

「ブロックテックパーカー」は、洗いすぎによって劣化してしまうという事はありません。

どちらかというと、汗や汚れを放置している方が、劣化を早めてしまう原因になります。

清潔感や樹脂加工などの持ちを良くする意味でも、定期的にこまめな洗濯をおススメします。

 

 

スポンサーリンク

ユニクロのブロックテックパーカの正しい脱水方法や干し方は?

ユニクロ ブロックテックパーカ 洗濯

 

ここでは、「ブロックテックパーカー」の脱水の方法や干し方を、解説していきたいと思います。

まず、「ブロックテックパーカー」の洗濯方法でも解説しましたが、基本的には脱水も、洗濯機で行うのはオススメではありません。

一番、「ブロックテックパーカー」にとって負担のかからない脱水方法は、軽く手で絞った後、タオルなどに挟んで水気を取る方法です。

もともと「ブロックテック」の素材自体が、乾きやすく撥水加工もされている特徴があるので、そこまできつく脱水しなくても大丈夫です。

 

もし、洗濯機で脱水する場合は、必ず洗濯ネットに入れた状態で、脱水するようにしましょう。

 

そうすることで、生地への摩擦が最小限で済みます。

どうしても洗濯機で脱水する場合は、短時間で終わらせるようにすることも大切です。

そして、脱水が終わった後に、長時間放置して置くのも、劣化の原因になるので、早めに取り出しましょう。

 

そして次に、「ブロックテックパーカー」の干し方を、解説していきたいと思います。

「ブロックテックパーカー」を干す際は、洗濯表示を確認すると、日陰で干すように書いてあります。

ある程度、脱水が済んだら、ハンガーにかけ、形を整えてから、日陰で干すようにしましょう。

注意してほしい点は、乾燥機の使用です。

「ブロックテックパーカー」は、自然に着用していても、3年ほどで買い替えのタイミングとの記載があるように、空気や水分の影響が、劣化に直接関係します。

熱風で洋服を乾かす乾燥機は、「ブロックテックパーカー」の生地を傷めてしまう可能性があるので、必ず洗濯表示通りに、日陰で干すようにしましょう。

 

 

まとめ

ユニクロの「ブロックテックパーカー」の洗濯方法や、干し方などを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

普通の洋服と違い、「ブロックテックパーカー」は、表面に特殊な加工をする事で、防水・防風・ストレッチ・透湿・耐久撥水機能を実現しています。

カラーバリエーションも豊富で、男女問わず人気のある商品ですが、使えるシーンが多いだけに、洗濯のタイミングを迷う方も多いようです。

 

基本的には手洗いが推奨されている「ブロックテックパーカー」ですが、洗濯ネットの使用や、洗剤の種類など、注意するポイントを気をつければ、自宅で簡単に洗うことが出来ます。

 

今回ご紹介した方法を参考に、「ブロックテックパーカー」を洗濯してみてくださいね。

 

■この記事を読まれた方はこんな記事もよんでいます。

スポンサーリンク

コメント