レインブーツ脚が太い人におすすめの選び方!ふくらはぎが入らない時の対処法も紹介♪

生活ハウツー
スポンサーリンク

 

雨の日に欠かせないアイテムなのが、レインブーツです。

 

今は、色々カラフルなレインブーツが売っていて、デザインもとても豊富なので、選ぶのも楽しいですよね。

 

しかし、脚が太い人の場合、レインブーツを選ぶのに苦労しているという事はないでしょうか?

おしゃれなデザインは、ふくらはぎの所で引っかかってしまったり、着脱しづらくて履くのを避けてしまったりしませんか?

レインブーツは、形がある程度決まっているので、なかなか合うものと巡り合えないという人も多いと思います。

そこで今回は、レインブーツを脚が太い人が選ぶ時のポイントやおすすめをご紹介します。

 

 

レインブーツ脚が太い人におすすめの選び方は?

レインブーツ 脚が太い人 おすすめ

 

それでは早速、レインブーツ脚が太い人におすすめの選び方をご紹介していきましょう。

 

ショートかミドルタイプを選ぶ

まず1つ目は、ショートかミドルタイプのレインブーツを選ぶという事です。

レインブーツは、同じようなデザインに見えますが、実は丈が色々異なります。

一番多いデザインは、雨が入りにくいロング丈タイプのレインブーツですが、コーディネートに合わせやすいように、ショート丈タイプやミドル丈タイプのレインブーツも多く取り扱われるようになってきているのです。

脚が太い人の場合、ロングタイプのレインブーツを選んでしまうと、ふくらはぎの部分できつくなってしまい、履き心地が悪いことが多いですよね。

 

そのため、脚が太い人がレインブーツを選ぶ際は、ショート丈タイプミドル丈タイプのレインブーツを選ぶようにしましょう。

 

柔らかく伸縮性のあるラバー素材や天然ゴムのものを選ぶ

2つ目は、柔らかく伸縮性のあるラバー素材か天然ゴムのレインブーツを選ぶようにするという事です。

脚が太い人の場合は、どうしてもレインブーツがふくはぎで引っかかってしまうケースが多くあります。

そのため、伸縮性のない素材のレインブーツを選ぶと、脚が擦れてしまい履き心地が良くありません。

 

ラバー素材天然ゴムのレインブーツなら、そのようなお悩みを解決してくれますよ。

 

ゆとりのあるサイズを選ぶ

そして3つ目は、ゆとりのあるサイズのレインブーツを選ぶという事です。

レインブーツを選ぶ時は、特に脚が太い人の場合は少しゆとりのあるサイズを選ぶようにした方が良いでしょう。

足のサイズぴったりのものだと、ふくらはぎがきつくなってしまいます。

 

普段よりも、少し大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

脚が太い人におすすめのレインブーツ5選!

それでは次に、脚が太い人におすすめのレインブーツをご紹介していきたいと思います。

 

HUNTER(ハンター)レディースリファインドグロス ヒールブーツ

 

こちらのレインブーツは、天然ゴムで作られているので、脚が太い人にもおすすめの商品です。

雨の日でも、上品におしゃれを楽しみたい、大人っぽいデザインが好みという人にぴったり。

ふくらはぎで引っかかる心配がなく、スムーズに着脱が出来るように、後ろ側にプルタブが付いています。

約7cmのヒールで、脚をすらっとしたきれいなシルエットに見せてくれますよ。

 

サイズ 22.0、23,0、24,0、25,0cm
カラー ブラック、ペールライラック
素 材 ゴム100%

 

 

 

 

GILIO(ギリオ)エアーラバーブーツショート

こちらのレインブーツは、柔らかく軽い素材で作られていて、足の動きにフィットしてくれる作りになっています。

メイン素材はゴムで、足の曲げ伸ばしもスムーズに行えます。

足を包み込み快適な履き心地で、ひもで履き口を調節できるのも特徴です。

 

サイズ 22,0、22,5、23,0、23,5、24,0、24,5cm
カラー ダークグリーン、ブラック、ライム、ローズ
素 材 メイン素材はゴム

 

 

 

 

S-mart 2wayプレミアムレインブーツ

 

こちらの商品は、ショートタイプのレインブーツで、クッション性のあるインソールで履きやすさ抜群です。

普段のファッションにも馴染みやすく、レザー風のデザインが人気です。

合皮素材で作られていて、足に優しくフィットする素材を使用している為、長時間履いている日でも快適に過ごす事が出来ます。

 

サイズ S(22,0-22,5)、M(23,0-23,5)、L(24,0-24,5)、LL(24,5-25,0)、3L(25,0-25,5)
カラー ブラック、デニムアイボリー、デニムブルー、デニムピンク、デニムブラック、スムースダークブラウン
素 材 合成皮革、合成ゴム

 

 

 

 

Amoji(アモジ)レインブーツ

こちらの商品は、ユニセックス仕様になっていて、お揃いコーデも楽しめるようなデザインになっています。

樹脂素材がベースになっていて、レースアップタイプです。

 

かかとがフラットなシンプルデザインで、雨の日でも歩きやすいです。

 

サイズ 23,0、24,0、25,0、26,0、27,0、28,0cm
カラー グリーン、ブラック、ネイビー、ワインレッド
素 材 樹脂

 

 

 

 

ユープラス エンジニアレインブーツ

こちらの商品は、ゆったりとした履き口とミドル丈仕様なので、脚が太い人でも履きやすいデザインになっています。

金型にゴムを流しいれて、繋ぎ目を作らずに仕上げる「一体成型」を採用しているので、防水性も抜群です。

着脱もスムーズに出来て、おしゃれなエンジニア風のデザインも人気です。

 

サイズ 23,0、23,5、24,0、24,5、25,0cm
カラー ブラック、ダークブラウン、ダークグリーン、ネイビー
素 材 PVC

 

 

 

 

スポンサーリンク

長靴にふくらはぎが入らない時の対処法

レインブーツ 脚が太い人 おすすめ

 

それでは最後に、長靴にふくらはぎが入らない時の対処法などをご紹介したいと思います。

 

着圧タイツやストッキングを履く

まず1つ目の対処法は、着圧タイツやストッキングを履くという方法です。

脚が太い人の中には、脚がむくみやすくて太くなってしまうという人も多いと言われています。

そのような場合は、着圧タイツやストッキングを履くことで、対処することが出来ますよ。

脚は、夕方にかけてむくみやすくなるので、出来れば朝から履いておくとレインブーツを履く時にスムーズに入るでしょう。

 

また、寝る時に着圧タイツを履いておくと、さらに効果的ですよ。

 

 

 

マッサージをする

2つ目の対処法は、マッサージをするという方法です。

こちらも、先ほどのむくみに繋がるものですが、脚の血流を良くしておくと、脚のむくみが取れやすくなります。

 

マッサージをする際は、すべりを良くするようにクリームなどをつけてから行うようにしましょう。

 

【むくみを取るマッサージ方法】

下から上に向かってマッサージをしていきます。

両手を使って、ふくらはぎを挟むようにして掴み、そのまま滑らすように上へと揉み解していきましょう。

マッサージをする事で、固まっていた筋肉もほぐれるので、むくみが取れやすくなりますよ。

 

まとめ

さて今回は、レインブーツ脚が太い人におすすめをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

脚が太い原因は人それぞれですが、特に女性の場合はむくみを解消する事で、対処できる部分が大きいです。

夜に、着圧タイツを履いて寝たり、適度にマッサージをする事で、ふくらはぎの筋肉がほぐれて、むくみが取れやすくなります。

また、レインブーツを選ぶ際は、ショートかミドルタイプのものを選ぶ、伸縮性のある素材を選ぶなどポイントに気をつけて選ぶようにすると、脚が太い人でも履きやすいものが見つかると思いますよ。

これから、雨の多い時期に差し掛かるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメント