一級遮光日傘と完全遮光日傘・サンバリア100の違いは?選び方や効果の違いを紹介♪

生活ハウツー
スポンサーリンク

 

最近は夏も本格化して暑さがグッと強くなってきて、強い日差しが降り注ぐようになってきました。

そうすると、気になるのが紫外線!

 

そんな時に役に立つのが『日傘』ですよね。

 

日傘には、「一級遮光日傘」・「完全遮光日傘」・「サンバリア100」という表記を見たことはありませんか?

この違いってなんだろうと頭を悩ませている人もいるかと思います。

そこで、一級遮光日傘・完全遮光日傘・サンバリア100の効果の違いや絶対に日焼けしたくない人は必見!効果の高い選び方をご紹介します。

 

 

日傘は何色が涼しいの?照り返ししない日傘の内側は何色が1番効果的?
手元に一本は必須のアイテム、日傘ですがどのような色やデザインのものをお持ちでしょうか?できるだけ紫外線をカットしたり、体感温度が少しでも涼しく感じられるものがいいですよね。そのためにより効果的な色や内側と外側の色のものがより日傘として優秀なのか、何色か比較して調べてみました。
サンバリア100の日傘寿命ってどれくらい?実際に使った口コミや評判を紹介♪
サンバリア100の日傘といえば、完全に遮光してくれる日傘として有名ですが、寿命はどれくらいか知っていますか?またどこで売っているのか?さらには寿命を延ばす普段のお手入れ方法などもご紹介します。これから日差しが強くなってくる季節しっかりと日焼け対策をしたい!という方は必見ですよ。
白い日傘は意味ない?!白と黒どっちが効果的?日傘は何色がいいか徹底検証!
本格的に紫外線が気になる夏。そこで必須アイテムとなるのが「日傘」。しかし、日傘には様々な色があり、何色を選べば紫外線対策として有効なのか、分からないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、日傘は何色がいいのか、また白い日傘は意味ないと言われている理由について解説していきます。
日傘の黄ばみや汚れにはオキシクリーンが効果的♪普段のお手入れ法も紹介!
日焼け対策や暑さ対策として日傘を使っている方も多いですよね。お気に入りの日傘を大切にキレイに使いたいものですが、秋冬の間に黄ばみが出たり、汚してしまったけど、お手入れの方法が分からない。そんな時はオキシクリーンが活躍してくれますよ。日傘の黄ばみ&汚れ落としの洗い方や、普段のお手入れ方法をご紹介します。
傘の汚れや黒ずみを簡単に落とす方法!日傘の折れ目の汚れもスッキリ綺麗に♪
雨傘や日傘を使用する機会が増えるこの時期、パッと見た時に気になる汚れや黒ずみが目に入ることも多いのではないでしょうか。特に日傘の折れ目の汚れが気になってげんなりする事はありませんか?。今回はそんな気になる傘汚れの落とし方をご紹介します。更にお気に入りの傘の汚れを防ぐお手入れ方法もご紹介します。

 

一級遮光日傘と完全遮光日傘・サンバリア100の違いは?

日傘 内側 何色

 

ここでは、「一級遮光日傘・完全遮光日傘・サンバリア100」の違いについて順を追って説明していきたいと思います。

まず、ここでは「遮光率」という言葉について軽くおさらいしておきます。

文字通り、太陽光や蛍光灯の光を遮る度合いのことを指し、「カーテン」に使用されていることが多いです。

傘の遮光率はJUPA(日本洋傘振興協議会)というところが定めています。

一般的に遮光傘が、遮光率99.00%以上のものを示しています。

中でも99.99%以上のものを「一級遮光級傘」と呼んでいます。

「一級遮光級傘」の生地構造は、「コーティング加工」を施しているため、遮光率が100パーセントではないのです。

ちなみに「コーティング加工」は名前の通り、塗る加工となります。

そのため、塗りムラが必ず出ますし、乾燥途中で表面に穴も空きます。

そのせいで完全に、光をカットすることが出来ないのです。

 

次に「サンバリア100」の生地構造ついてですが、これは、「フィルムラミネート加工」、つまりフィルムを貼る加工です。

サンバリア100のフィルム面は一切穴が開いておらず、「サンバリア100」は均一なフィルム面がきれいに生地の上に接着されています。

 

そのため、完全にカット出来るというわけです。

 

 

最後に「完全遮光日傘」は特に基準がなく各店舗が独自に名付けた俗称です。

そのため、特に定義のようなものはありません。

 

 

 

スポンサーリンク

絶対に日焼けしたくない!効果の高い選び方を紹介

日傘 完全遮光 違い

 

ここでは、「絶対に日焼けしたくない」という人向けの「日傘」の選び方について、ご紹介していこうと思います。

まず、「日傘」の色によって効果が違うのはご存じでしょうか?

一般的に「日傘」の色は大きく分けると5色(黒・白・紺・黄・ピンク)に分けることが出来ます。

下記の表にそれぞれの特色についてまとめましたのでご参照下さい。

 

黒色 紫外線を吸収。太陽光の地面の照り返しも防ぐため紫外線カット効果が強い。
ただし、熱を吸収しやすいため、暑くなりやすい。
白色 紫外線を跳ね返す。
黒よりは、紫外線を防ぐ効果は弱いが、熱も同時に跳ね返すため、涼しくなる。
紺色
(ネイビー色)
ネイビーも紫外線を吸収するが、黒ほど効果はない。
黒が100吸収してくれるとするなら、ネイビーは90程度。
涼しさにおいても、白にはやや及ばない。
黄色 黒の次に紫外線カット率が高い色。
紫外線を吸収しやすく、透過しにくい性質を持っています。
更に、熱も持ちにくいです。

ピンク

今回紹介した5色の中で、一番紫外線を通しやすい性質を持っている。
そのため日焼けをしたくない人には不向きな色。

 

ここからも分かるようにやはり「焼けたくない!!」という人は、「サンバリア100の黒色」を使うのがオススメです。

 

 

 

スポンサーリンク

落とし穴に注意!日焼けしやすいデザインの日傘とは

日傘 完全遮光 違い

 

レースを使った日傘

「日傘」の中には、レースが用いられているものがあります。

見た目が涼しげな印象がありますが、実はこういった傘には「紫外線対策」という面でみると落とし穴があります。

それは、レースが施されている部分の生地が薄くなってしますため、紫外線を通しやすくなってしまうという点です。

おしゃれとして使う分には良いと思うのですが、日焼け防止という観点からみると効果は弱まるため、あまりおすすめ出来ません。

 

 

刺繍を使った日傘

先ほどご紹介したレースを使った日傘以外にも、刺繍を用いている日傘もあります。

刺繍が使われていると、見た目がゴージャスでエレガントな感じがして素敵ですよね。

しかし、これも「紫外線対策」という観点から見ると落とし穴が存在します。

刺繍が施されている場合は、刺繍をするときに、生地に穴が開くので、紫外線カット効果が落ちてしまいます。

そのため、これもレースの日傘と同様おしゃれ目的として使うのが良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

焼けない!おすすめのオシャレ日傘3選!

白い日傘 意味ない

 

最後に日焼け防止に強いおしゃれな日傘を3つご紹介します。

まだ、「日傘を買ったことが無い人」・「日傘を買い換えようと考えている人」・そういった方はぜひ参考にしてみてください。

 

ワンタッチ自動開閉式日傘

日傘 完全遮光 違い

 

こちらの日傘は、日傘としての効果だけでなく雨の日にも使うことが出来るという、まさに一石二鳥の製品となります。

口コミ評価も5段階中3.7を獲得しており、紫外線を99%以上カット出来ます。

自動開閉で折り畳み式のため持ち運びにも便利ですね。

男女兼用のため、男性が使っても女性が使っても違和感のないデザインです。気になった方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

風に強い軽量!1級遮光日傘

日傘 完全遮光 違い

 

こちらの日傘は、UVカット加工を施しており、遮光率100%、UVカット率は99.9%、UPF50+という高機能タイプの日傘です。

幅広い年代から支持されており、口コミ評価は5段階中4.3を獲得している優れもの♪

傘の大きさは全長約68cm、直径約86cm、親骨の長さ約50cmと大きいサイズで、濡れる心配は要りません。

防水加工も施されているようなので雨の日でも使えます。気になったかたはぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

耐風・熱中症対策 完全遮光日傘

日傘 完全遮光 違い

 

こちらの日傘は、逆さまに開いて逆さまに閉じるというちょっと変わった長傘です。

丈夫な内外2枚の布で構成されてのため、UVカット効果と耐風機能更が加わっており撥水機能もあります。

口コミ評価も5段階中3.9を獲得しています。

閉じると自立することも出来るため使い勝手も良いですね。気になるかたはぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「日傘」がテーマでしたが、皆さんはお気に入りの日傘は見つかりましたか?

最近の日傘は紫外線から身を守るだけでなく、雨の日に使えるものやデザインに凝ったものなど種類が豊富でびっくりしました。

今年も熱い夏が段々本格化して暑くなってくるので、ぜひ日傘を使ってこの夏をのりきりましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント